浦添宮城接骨院のweb予約

むちうちなら浦添宮城接骨院

浦添宮城接骨院

股関節痛

悩みタイトル

  1. 股関節痛

    歩く際や、階段などの段差などで足が上がりにくい。
    体を起こそうとすると股関節から腰まで痛みが走る。
    股関節から膝まで筋肉が突っ張ってしまい、曲げ伸ばしがしにくくなった。
    出産を機に股関節痛や昔のズボンなど履けなくなった。
    座っているとダメだと分かっているが、脚や足首を組みたくなってくる。

    上記のお悩みは股関節が連なる骨盤や寛骨の筋力の顕著な左右差、または左右の使い方の癖が強くなり、よく使う方向に固まってしまった、そのまま伸びにくくなってしまい結果として筋力が低下するなどすると起こしがちな症状です。

  2. 股関節痛に対する当院の考え

    腰痛

    現代人は座っている時間が文明の発達とともに長くなり、自力で身体を支える時間が時代と共に短くなってしまったように思えます。
    股関節は前後左右の太い筋肉群を動員して人体の中心部を支え続け、身体を動き出す際に主力となるので非常に重要な部位です。
    ですが当たり前に動かしているのでその大事さを実感するのは難しく、いざ運動などで壊してから如何に重要かを自覚する事が殆どでしょう。
    そうでなくともプライベートやデスクワーク、運転などでの座りっぱなしやインナーマッスルを弛緩させた、崩れた座り方などを続けるうちに股関節と腹筋周りが硬直し、へっぴり腰の体勢が出来上がります。
    結果思うような動きが出来ず制限される、股関節の先にある膝関節、足関節や足底に症状が出るといった変形を伴うような痛みを発症させてしまうことが多々あります。

  3. 股関節を放っておくとどうなるのか

    o脚

    「知らないうちに何となく股関節や腰に違和感がある、何となく突っ張ったり張ったままのような感じが残るが、ひどい痛みではないので医者などに見てもらうほどでもなさそうだからまあ大丈夫だろう、寝て休めば知らぬ間に治っているだろう」
    だいたい皆さん最初はこんな感じです。
    早期に異常を自覚して治療や検査を受けに行く方は1度怪我や長い不調を経験されたことのある方ではないでしょうか。
    股関節痛を放置すると股関節をあまり動かしたくなくなるので膝関節や腰部、足の先でカバーするようになっていきます。
    または気になる側の股関節に体重を預けたくないので反対側の股関節に体を預けることが多くなったり、反対側の股関節で無理やり身体を引っ張って歩くようないずれにしても不自然な立ち、歩き姿になるので痛み辛さは全身に広がっていきます。

  4. 股関節痛の改善方法

    明るい挨拶

    専門家に検査して頂き、身体の前後左右の向きの癖を客観的に確認してもらいましょう。
    または床にテープなど貼り付けそこを基準に目を閉じて足踏みしてみて、身体はどっちに向いてしまったか、進んでしまったかで無自覚な体の捻じれを実感できるでしょう。
    床に仰向けに寝てお尻や腰と床の間に腕が通ってしまうほど隙間が出来る、気になって横向きなどでないと眠れない場合は反り腰が顕著なので強いへっぴり腰、
    または床から両肩が明らかに浮いてしまう場合は猫背が強いので、重心の修正に股関節の負担が増えている事があります。
    背骨周りと臀部、股関節から膝にかけてのストレッチを行ってから休まれることをお勧めします。

  5. 股関節痛にはどんな施術メニューがおすすめですか?

    姿勢矯正

    腰椎の動きが硬すぎて股関節でその分をカバーしないといけないため痛み出したパターンが多く見られます。
    または背中も含めてガチガチなので四肢の動きに影響が出ているパターン。
    そのほか過去の足の捻挫や膝の不調などからガニ股になり、股関節が常に外転外旋位を強制され根本が痛み出すことも。
    あらゆる動作の起点となるのが中心たる腰部や股関節であり、また末端からの影響も受けやすいのも股関節周囲と考えられますので、
    まず1度全身的な骨格矯正を受けてみる事をお勧めします。
    それだけでも各関節の詰まった感覚、末端から捻じれて引き攣っていたような感覚が抜けたような実感を得られるはずです。
    その後、その素晴らしい状態をどうやって維持していくのか。
    支える筋力が不足しているのか、股関節に連なる関節がとにかく固いのでまた縮んでしまうせいなのか、検査を行いさらに必要のある施術を行っていきます。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    楽になる施術

    上記の通り悪癖のために捻じれ傾いたままの身体では、ある部位は縮んでしまいその反対側は引っ張られて引き攣り、ある部位は固着した分、ある部位は伸びっぱなしになり、使い古したパンツのゴムのように弛んでしまいます。
    または片方に体重がかかり続け、片方は浮いてズレてしまう。
    それらを確認した上で均等になるよう骨格矯正を行うと、患部である股関節だけでなくもう一つの動きの大きい関節である肩関節まで動きが軽くなったと話す方が多くいらっしゃいます。
    詰まっていた分、末端への血の流れも当然滞るので解放されると指先の血色も変わったことが分かる方もおります。

  7. 軽減するための施術頻度は?

    明るい挨拶

    現代人は運動不足、睡眠不足、食事の偏り、加えて加齢で肉体の変化が鈍くなっているように思えます。
    よく動いていれば血行も善く、その分全身に酸素を始めとする栄養が行き渡り、手っ取り早い炭水化物偏重の食事が改善されれば、必要な部位に必要とする栄養素が取り込まれ、よく眠れていれば自律神経も休まり内臓の調整も速やかで、自然と整った体調になるでしょう。
    ですが座ったままで済む仕事が中心となり、そのまま夜遅くまで作業が続いたりプライベートでも首などに負担がかかる体勢で神経を酷使し、お腹を早く満たす炭水化物を多く摂取し、睡眠時間を削ってでも目と指先を動かし続けるような真逆の生活を続けています。
    そのため新陳代謝はどうしても滞り、ハッキリと体調の変化を実感するには最低でも90日、その体調を当たり前にしていくために更に90日。
    理想的には半年かけて身体を変えていく必要があります。
    その間、たまに治療を受けるのでは日々の負担の方が勝ってしまうので、平日と土日祝祭日で週2回、または3日に1度治療を受けさせていただくことを提案しています。

▲ページの先頭へ戻る

浦添宮城接骨院のご案内

【住所】〒901-2126 沖縄県浦添市宮城2丁目16−1 【電話】TEL:098-876-6411

浦添宮城接骨院景観
受付時間 土・日・祝
9:00 ~ 12:00 8:30 ~12:30
15:00 ~ 20:30 15:00 ~ 17:30

年中無休で営業しております。

当院までの地図

〇パイプライン通り沿い

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

駐車場もございます。

  


お気軽にお問い合わせください
  • 098-876-6411

    電話予約できます!(受付時間内)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る

当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

         

WEBフォームから受付けする

いますぐ電話する